04-2946-9538 8:00~18:00年中無休
お問合せ

ブログ

地盤調査のいろいろ

N様邸の地盤調査をおこないました。

今回、設計事務所さんからの紹介で「表面波探査」という調査方法で調査しました。

過去の調査方法では、「スウェーデン式サウンディング試験」での調査でしたが、

建て替えで、十分な耐力があるにもかかわらず、地盤改良必要と判定が出てしまったことがありました。

地盤改良には当然お金がかかります、お客様のご負担も多くなるとともに、建てる前の不安要素にもつながりますね。

地盤調査業者によっては、地盤改良工事を取りたいがために、悪い判定を出してくる業者もあるようです。

工務店はもっともっと研究していく必要がありますね。

 

①スウェーデン式                                                                                                          サウンディング試験 ②表面波探査                                                                                                                    (物理探査) ③ボーリング                                                                                                                      (標準貫入試験)
調査方法 地盤に鉄の棒を差し入れ回転させ、土の抵抗力や締り具合を確認する調査方法。 地盤を振動させ、その振動の伝わる速度によって地盤の強弱を確認する調査方法。 ボーリングマシンで地盤に穴を開けサンプラーを地中に30cm貫入させるのに必要な打撃回数を測定し、その打撃回数をN値として記録する方法。
長所 調査量が安価。                                                                                                          地盤改良の設計がし易い。 精度が高い為、無駄な地盤改良を回避できる。                                                                                                                                     戸建住宅のような軽い構造物調査に向いている。 重い構造物を支えるための杭の設計に最適。                                                                                                               土質確認が出来る。
短所 軟弱な地盤と判定されやすい。                                                                                                                                              異物があると調査が困難。 重い構造物を支えるための設計には適していない。 戸建住宅の地盤調査で最も必要な表層から深さ1mのデータが得られにくい。

地盤調査

中央にある機械で振動をおこします。