04-2946-9538 8:00~18:00年中無休
お問合せ

ブログ

所沢市E・I様邸配筋検査

DSC_1037

本日は、E・I様邸の配筋検査がおこなわれました。

配筋検査とは第三者検査機関による検査で、施工業者が設計図通りに鉄筋を組んでいるか検査をしてもらいます。

この後の検査としましては、躯体・防水検査としまして、軸組構造もチェックとそれをつなぐ金物が正しくつけられているか、それから屋根と壁の漏水を防ぐための防水シートが正しく貼られているかをチェックします。

なぜ、この時点でおこなうかと言うと、仕上がった後に見えなくなってしまう部分を事前にチェックして、施工ミスをふせぐ役目があります。

鉄筋もコンクリートを打ってしまえば見えなくなるし、構造もボードを貼ってしまえば見えなくなってしまいます。

施工業者も設計士も確認はしておりますが、第三者機関による検査をしてもらえば、より確実な施工につながります。

今回の検査員の方から「こんなにキレイな配筋は見たことない」とお言葉をいただきました。

チームタクミカルこれからも精進してまいります。