04-2946-9538 8:00~18:00年中無休
お問合せ

断熱

世界的に温室効果ガスの削減に取り組む中、日本でも近年の新築住宅は環境に配慮したものが増加傾向です。 石油などの1次エネルギーを消費しないZEH(ゼロエネルギーハウス)住宅の普及に政府も取り組んでいるのに先立ちまして、弊社では断熱と窓サッシの高性能化に取り組んでおります。 2020年以降はすべての新築住宅で省エネ基準に適合することが義務付けられていますし、2030年にはすべての住宅がZEHの基準に適合することが目標です。 2015年に施行された「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」で、前述のように2020年以降は新築住宅に省エネ基準の適合が義務付けられることになりました。 ですので、ネオマフォーム断熱で家全体を囲み、夏は外の熱を中に伝えないで、冬は内部の熱を逃がさないように施工します。 15年以上前の住宅にお住まいだった方は、光熱費が1万2千円~1万5千円も安くなったそうです。 初期費用はかかりますが、「安く建てる」のではなく「建ててからが安い」家づくりにしたいですね。 OBのお客様の声 「真冬でも日中は暖房つけてないよ」 「冬の朝、布団から出るのがつらくない」 「夏場のエアコンは一台しかつけないよ」 「トイレも洗面所も一定の温度だからストレスにならない」 などの声が聴かれます。