04-2946-9538 8:00~18:00年中無休
お問合せ

ブログ

ウッドデッキをつくる時の注意点

最近は、ウッドデッキを自分でつくって楽しむ方が増えてきましたね。

ウリンやセランガンバツ材などの堅い木を使う場合は、特に注意が必要なことを書きます。

DIYで施工する方は、ほとんどの場合ネット販売かホームセンターで購入されると思います。

ホームセンターで購入される方は、材木の捻り具合や反りを十分に見てください。

材木は真っ直ぐに見えても真っ直ぐではありません。

材木の木口(端の部分)から、片目でもう一方端まで通して見てください。

おそらく捻りや反りが確認できるはずですが、捻りや反りが無ければ合格です。

反りはビスで押さえつけられるので、それほど困りませんが、捻りがある場合は堅い木なのでビスでは戻りませんし、加工機など癖を直さないと使い物にならないので購入されないほうが宜しいかと思います。

ネット販売で購入される場合は、運に任せるしかないでしょう。

材木を購入される場合は、ご自身の目で確かめて購入されることをオススメいたします。

DIY楽しんでくださいね。