04-2946-9538 8:00~18:00年中無休
お問合せ

ブログ

気密測定

狭山市のK様邸にて、家の気密を測る検査をしました。

窓やドアなどの開口部に測定器を設置して、プラシートと養生テープで隙間をふさぎます。

この機械で家の中の空気を外に出して、外気と内気の気圧を変えます。

すると、わずかな隙間からも空気が引っ張らてきます。

こうして、どのくらいの隙間があるのかを測定します。

結果、C値=0.6㎠/㎡、つまり1メートル四方の面積で2㎜×3㎜ほどの隙間となります。

床面積で150㎡程なので、全体で9㎠の隙間となります。

竣工前なので、玄関土間とドアの処理できない隙間があるので、実際にはもっと数値が高くなるようです。

北海道などの寒冷地で1以下を目指しましょうと言うので、0.6は良い数値だと思います。

気密にこだわるのには、家の熱を逃がさないと言う利点があり、間取りにもよりますがエアコン1台もしくは、上下2台で快適な温度を保つ家をつくりたいからです。

職人たちが手間をかけてくれたお陰で、今日はうまい酒を飲めそうです。