04-2946-9538 8:00~18:00年中無休
お問合せ

木の家

日本に古くから伝わる木造軸組工法は、木組みにより地震の力を分散する構造と共に、湿気なども呼吸をしてくれる優れた技術であります。
土台はヒノキ、柱はスギ、桁梁はマツを標準とし、特に荷重のかかる部分には集成材で対応し適材適所でおさめるのが棟梁の力量でもあります。
無垢の床材が好まれるお客様には、スギ、ヒノキ、ナラなどを施すことが多く、キズをつけてしまってもお湯で復元する可能性が高いのも木の良さです。
先人たちの知恵を上手に受け継ぎながら、新しい技術も取り入れて家づくりできるのが木の家の特徴であり最大のメリットではないでしょうか。
しかしながら、外部に木を使うのは経済的に余裕のある方にしかおすすめしておりません。
なぜならば、木は紫外線と雨、更にカビに弱いので、短期的なメンテナンスや全改修になっても大丈夫な方でないと維持が難しくなるからです。
木をふんだんに使うなら室内で使うことをおすすめしております。
室内であれば、何年たっても表面を削れば新しい木肌が出て美しさを取り戻すと同時に、木の香りを楽しんだり、調湿効果を実感できるのではないでしょうか。